頭皮 湿疹 原因

MENU

頭皮に湿疹ができる原因と日常での対策方法

髪を洗っても頭がかゆい、そんなときに考えられるのが頭皮湿疹です。
繰り返してしまいやすい頭皮湿疹にはどのような原因があるのでしょうか?

 

頭皮の皮脂の過剰分泌

頭皮、髪の生え際がベタついたり、赤みやかゆみがある場合に考えられるのが、脂漏性皮膚炎があります。
皮脂が過剰に分泌、酸化してしまうことで、かゆみを起こすこともあり、常在菌のマラセチアという真菌の異常な増殖が原因で頭皮が炎症を起こし、湿疹になってしまう場合があると言われています。

 

症状としてはかゆみ以外にも大きいフケが出るという場合もあります。
症状がひどい場合には皮膚科での塗り薬での抗炎症の薬や抗真菌薬での治療、また、内服薬も処方される場合があります。

 

対策としては頭皮や毛穴を清潔に保つための洗髪方法、食生活や生活習慣の改善といった点がポイントになります。
皮膚科でも薬用シャンプーでの洗髪を勧められることがあります。

 

頭皮の乾燥

頭皮に湿疹ができる原因として考えられるのが、冬場などに起こる乾燥やオフィスなどでのエアコンによる空気の乾燥状態が続いていることです。
これは皮膚の表面から水分が蒸発してしまい、肌の潤いが失われているのと同時に血液の循環も悪くなるため起こるのです。

 

シャンプーによる頭皮の乾燥

また、洗髪のし過ぎによって皮脂を取り過ぎてしまうのも乾燥の原因のひとつになります。

 

対策としては、皮脂を取りすぎないためにも洗髪は1〜2日に1回で十分で、シャンプーをした後は保湿性の高いトリートメントを行なうなど乾燥させないための工夫が大切です。

 

特徴として年齢や性別を問わず症状が現れることがあげられます。管理人の子供は頭皮の洗い方が良くなかったためか、乾燥から頭皮に湿疹ができてしまいました。

 

ドライヤーの影響

ドライヤーも長時間行なうと髪にも皮膚にもダメージとなってしまうため長時間の利用は控えます。

 

皮膚の乾燥を防ぐためには美容オイルを使用したヘアケアやマッサージなどもおすすめです。
そのほか、頭髪によいビタミンやミネラルを豊富に含んだ豆類や野菜などを積極的に摂取し、皮膚の潤いを保つコラーゲンを食事やサプリメントなどで補って行くのも良いとされています。

 

 
すこやか地肌の特徴

頭皮トラブルを3つのアプローチでケアする美容液で、荒れてしまった頭皮環境を日々のセルフケアでサポートしてくれます。

特に乾燥対策や、頭皮の隠れ乾燥といった、肌トラブルを起こしやすい状態を浸透性を高めた保湿成分でしっかりと潤いをアップさせてくれます。

頭皮ケア用品の口コミでも高い人気の美容液で、@cosmeでもランキング1位を獲得、スキンケア大学でも紹介された、頭皮ケアのおすすめ化粧品の一つです。

価格 7,200円⇒定期コース初回価格3,980円
評価 評価5
備考 美容液 120ml 約1か月分
 
コラージュフルフルネクストの特徴

薬用成分「ミコナゾール硝酸塩」と「オクトピロックス」を配合して、カビ菌の殺菌、繁殖を抑える薬用シャンプーです。

乾燥した頭皮やベタつきやすい頭皮といったタイプに合わせた2種類から選べます。

皮膚科などでも勧められることがある、頭皮のセルフケアにおすすめのシャンプーです。

価格 1,728円 お試しセット525円
評価 評価5
備考 シャンプー 200ml
 

ルプアクア

ルプアクアの特徴

有効成分「イソプロピルメチルフェノール」を配合した、頭皮のアクネ菌にもアプローチしてくれる医薬部外品の化粧水です。

べたつきがひどいという脂性タイプの頭皮にも殺菌と保湿を行いながら、頭皮を整えてくれます。

価格 8,000円⇒定期コース4,980円
評価 評価5
備考 化粧水 50ml 約1か月分